インドネシアと日本の小学校

最近、教育は必要だと思う。教育ので、人は知識が増える。一般的な教育はテクノロジーを使う。学校の中に、コンピューターと液晶プロジェクターがある。近代的になる。インドネシアと日本の教育には、子供は幼稚園に入学し、小学校へ進む。インドネシアと日本の小学校は何が違うか。

インドネシアの小学生が制服を着ている。白いシャツと赤いズボンは男性で、赤いスカートは女性である。赤い帽子とネクタイもある。スポーツの制服もある。それに、様々な部活動がある。たとえば、加害性胴部、合唱部、音楽のクラブ、スポーツのクラブ、踊りのクラブなどである。小学校のイベントはたとえば、社会見学、kartiniの日、運動会である。掃除するのために、クラスの中にピケットスケジュールがある。それに、インドネシアの小学校にkoperasiと食堂がある。がっこうの量もあり、教科書を買わなければならない。インドネシアに、クラス昇進試験がある。

日本の小学校で、小学生は制服を着ていないが、帽子とかばんと靴の生徒は同じで、スポーツの制服がある。それに、学校は生徒にホイッスルを上げて、知らない人は邪魔するとき、ホイッスルを打撃する。それは小学生を守るのためである。日本に、部活動はたとえば、スポーツのくラブ、合唱部などである。クラスの中に、ピケットスケジュールもある。昼ごはんのとき、ピケットスケジュールがある。生徒は他の生徒に昼ごはんを勤める。日本に、学校の量がない、教科書は無料である。それに、クラス昇進試験がない。

それはインドネシアと日本の小学校である。似ている点と違う点があるが、それは大丈夫だと思う。教育のシステムは違いますが、必要なことは教育のためである。それは国民を賢くなるようである。(author: Lutfia Pratidina)

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout /  Ubah )

Foto Google

You are commenting using your Google account. Logout /  Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout /  Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout /  Ubah )

Connecting to %s